有利区間のゲーム数上限(1500G)をせめて500G増やして欲しい【有利区間ゲーム数の延長】

コイン

5.9号機から導入された有利区間という概念、6号機が登場してからすでに一年を経過しましたから、随分と慣れた人も多いんじゃないでしょうか。

多くのスロッターが有利区間の撤廃を望んでいると思いますが、個人的には有利区間という存在自体は割と嫌いじゃないんですよね。

一撃でズドンと万枚、なんなら2万枚すら吐き出す仕様よりも、一撃の事故を最大2400枚に制限する事で他の部分にリソースが割かれるのは歓迎できる部分です。

しかしそんな自分もここだけは止めて欲しいと感じているのは、有利区間のゲーム数的な縛り(1500G)についてです。

6号機の有利区間とは

有利区間とは5.9号機から導入された時から施行されたパチスロの内規で「ボーナス中やAT・ART中はもちろん、通常時においてATやARTの抽選が優遇される状態(CZなど)や、天井機能に関わる通常時など」の事です。

このように説明すると逆に分かりづらいと思いますので簡単に説明すると、「天井機能が搭載されている6号機はほぼ常に有利区間中である」と思っておけば良いです。

『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、リゼロ)なら有利区間外なのはコンビニステージ中のみ、『スロット劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』(以下、まどか叛逆)ならボーナス終了後にサブ液晶のゲーム数カウンターがカウントを開始するまでの1Gか2Gだけが有利区間外、ある意味で言えば本当の意味での「通常時」という事になりますね。

5.9号機は高純増ATを搭載できない規則だったので天井機能を実装する事が現実的ではなかったのですが、6号機では出玉の傾斜(純増枚数)は一応規制緩和されたので、その点で天井機能を搭載しやすくなりました。

というか、現状出てきている台のほとんどが天井機能を搭載している事を考えると、やはりメーカーとしてもパチスロにおいて天井機能は(一部の例外を除いて)必要不可欠なものだと認識しているという事なんでしょうね。

有利区間の終了条件は、5.9号機の時は「1500G消化」という決まりだけでしたが、6号機になってATの搭載が可能となった代償として「2400枚獲得」という終了条件が新たに追加されました。

そもそもこの規則は「3000枚規制」と呼ばれていたぐらいで、1500Gというのも5.9号機における最大純増枚数であった2.0枚で3000枚獲得するのに必要なゲーム数が1500Gだからという事で決まったゲーム数でしたから、ATで純増枚数が跳ね上がった状態だと(例えば1500G×8枚など)有利区間の意味とは?という話になりますから枚数規制が入るのは当然だったと思います。

という事で現在の6号機では、「1500G消化、あるいは2400枚獲得」という終了条件で有利区間は管理されています。

ゲーム数上限が緩和されれば…

個人的に有利区間という存在がある事によって一撃の出玉に天井が付くのは、どちらかと言えばうれしい事です。

最近はあまりガッチリ長時間打ち込む事も少なくなり、まったりしたペースで長時間かけて出していくゲーム性と生活リズムのバランスが取れない事も多くなってきました。

そんな中で有利区間がありヤメ時が明確な6号機の存在は割とありがたくて、今ではすっかりそれに慣れている自分がいます。

リゼロを好んで打っている人の中にも、とりあえず一回白鯨まで回して勝てればそれなりの枚数出るし、負ければスパッと帰れるし…というスタンスを楽しんでいる人も多いんじゃないでしょうか。

5号機の中でも特に「間違うと一撃で万枚ぐらい吐き出す事がある台」を打つ時は、どうしても後ろの予定が無い事や残りの営業時間が気になってしまって、いま一つスッキリしません。

なので一撃2400枚規制には別段不満点も無いんですよね。

しかし一方で、有利区間が1500Gで強制終了というのは少々短すぎるとも感じています。

個人的には2000Gぐらいまで有利区間ゲーム数の上限を緩和してくれたら、色々とゲーム性の幅も広がっていくんじゃないかと思います。

もし有利区間上限が2000Gになれば、仮に天井を1000Gに設定してもそこから更に1000Gは有利区間を消化できるわけですから、無暗に天井を下げる必要がなくなります。

そうする事で現状では実現が難しいゲーム性だったり、天井の扱い方であったりが可能になるんじゃないでしょうか。

実際問題として現状の6号機規則の範囲内で有利区間のゲーム数上限を2000Gに変更したとして、それが射幸性の向上にはつながらないと思うんですよね。

出玉率に関しては短期・中期・長期出玉率をガッチリと規制されている訳ですから、有利区間ゲーム数上限が多少伸びた所で射幸性的には大して変わりはないでしょう。

一方でゲーム性に対しては寄与する部分も大きいと思うので、遊戯性の充実には十分役に立つのではないでしょうか。

ほんと、せめてあと500Gの余地があれば随分と違うだろうに…と色々な6号機を打ちながら思ってしまいます。

もちろん、一番そう感じているのはパチスロの開発者さん達でしょうけどね。