アニメもパチスロも結構面白いウィッチクラフトワークス

wkw01

© 水薙竜・講談社/ウィッチクラフトワークス製作委員会

最近結構打つ機会が多いんですよ、ウィッチクラフトワークス

当然というかなんというか、主にレギュラー後狙いなんですけども。

で、これがそこそこ楽しかったので、アニメも見てみようと思ったわけで。

ウィッチクラフトワークス

原作は漫画で、『good!アフタヌーン』という雑誌で連載されているようです(現在進行形

どんな話かと言えば・・・

現代社会のようでありながら歴史の影で「工房の魔女」と「塔の魔女」と呼ばれる2派閥の魔女が対立を続けてきた世界を舞台とし、ごく普通の高校生として生活をしていながら突如塔の魔女に襲われ始めた主人公・多華宮仄(たかみや ほのか)と、仄の同級生であり彼を守ることを使命とする工房の魔女・火々里綾火(かがり あやか)の交流や活躍を描く。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ウィッチクラフトワークス

という感じ。

自分は原作漫画はノータッチで、アニメとパチスロしか触れていないので、その辺の話をつらつらと

アニメ『ウィッチクラフトワークス』

OPテーマ

の「divine intervention」という曲のボーカルが一瞬、川田まみさんかと思った。
声が似てるというより歌い方が似てるんですよ。
んで気になってウィキを読んでいたら気になる記述が―――

詞曲の原型を担当した佐藤純一が、テレビアニメ『灼眼のシャナ』を思い起こしながら作ったという一面も持つ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Divine_intervention

なるほど、作曲がシャナをイメージしたもんだからボーカルも川田まみさんをイメージしちゃったのかな?・・・ん?

なぜシャナ?と、この作品を見たことの無い人は思うでしょうが、シャナとユウジ(漢字忘れた)の関係性が、この作品のメイン2人のソレに似てるんですよ。

と言っても、似てるのはフォーマットだけで、キャラクターの性格なんかは大分違いますけども。

雑感

十分に楽しませて貰いました。
ボックスが出たら買ってもいいかな?値段次第では…というぐらいには。

EDテーマ

なにやら懐かしい感じのメロディー。
アニメの曲って様々なジャンルの楽曲があるから良いですよねぇ。
自分はエロゲ曲も好きなものが多いですが、音楽性の幅という点ではアニメに軍配があがるかな?と思います。

パチスロ『ウィッチクラフトワークス』

メーカーはダクセル(DAXEL)
この時点で色々と想像できると思います。
そしてその想像は大体合ってると思われます。

いつものダクセル台という以外の説明が思いつかないぐらいの一品。
なので、百花繚乱やらミルキィやらプリナナあたりがイケる人ならまぁ大丈夫かなーと。

台の詳しい仕様は割愛しますが単発のレギュラー後に旨みがある台なので、
ポイントを抑えて打てば健康的に向き合えるかと。
この辺の詳しい話は他所様のサイトでご確認下さい(他力

なんやかんやと引っ張られて止めれない展開になりやすい台なので、夜の深い時間にはオススメしません。

なんとなく楽しく打てているのは、火々里さんがお気に入りだからかもしれない?

これからもチョイチョイ打つ機会があってほしいなと、そこはかとなく願っている台です。

台数増えないかなぁ…増えないよなぁ…。