店長(設定師)が設定の打ち間違え(設定値のミス)をする事なんてあるの?【パチスロ高設定狙い稼働】

自動車事故

パチスロの勝ち方(ピン稼働の場合)をザックリ分ければ、設定狙いとハイエナに分類されると思います。

一般的にハイエナは簡単で設定狙いは難しいという認識があるようですが、それもケースバイケースですよね。

ただハイエナの方が勝ち方を一般化しやすいという意味では、たしかに取っつきやすいのは確かでしょう。

パチスロの高設定狙いをする上で重要な事は、当日の出玉状況や設定推測要素よりも、その台が高設定になるという根拠である…という話をする専業プロや上級者は多いと思います。

しかしその根拠をもってしてもイレギュラーな要因で高設定を掴み損ねる事も現実的に有り得るんですよね。

それは「設定の打ち間違え」です。

当日データよりも根拠が重要

「データよりも根拠」

当日の実戦データがどれだけ高設定ぽい挙動だろうが、出玉が付いてきていようが、そんなことよりもその台が高設定になる根拠の方が重要だという主張は上級者のスロッターから度々出て来るものだと思います。

これに関しては、確かにその通りでしょう。

極端な話、絶対に高設定を使わない店で打っている限り、その台がどれだけ高設定っぽい挙動をしたところでそれは例外を除いて常に「まぐれ」ですからね。

例外とはつまり、高設定を入れるつもりはなかったのに間違って高設定に変更してしまったという「設定の打ち間違え」だったりの事です。

パチスロの高設定狙いをしたことがある人なら分かると思いますが、そこそこ良い感じの台の設定6であっても、序盤はどう考えても低設定としか思えないような展開になる事も決して少なくはないので、短いゲーム数での設定推測要素や出玉状況なんかよりは、その台に高設定が入るであろうと思える根拠の方が重要、というかそこを根拠に出来ないと粘れないわけです。

ただし6号機の場合、「HEY!鏡」や「リゼロ」に代表されるような特徴的な挙動を見せる設定6も少なくないので、そういった機種に関しては確固たる狙い台まで絞り切れていなくても、「期待できる環境」さえ把握していれば、どうにかなってしまうというのもあるんですけどね。

設定の打ち間違えなんてあるの?

設定の打ち間違えというものが実際にどれだけ発生しているのか、気になるスロッターは多いと思います。

自分自身も店側の人間ではないので実際の発生頻度なんかは良く分からないんですが、個人的には割と現実的な頻度で遭遇しうるものなんじゃないかと思っています。

例えば以前、常連と言えるぐらいには通っていた店でとある機種の設定狙いをした時、自分はその台が設定5になっている事を期待して打ち始めました。

その店は当時、新台入替初日には設定5まではキッチリ使ってくれる特徴があったので、たしかその機種の導入台数は2台でしたが、どちらかは設定5が期待できるだろうという状況でした。

結果的には自分の台は設定推測要素もそこそこ良好で出玉も比較的順調、対して隣の台は出玉も推測要素もボロボロという状況となって早々に自分の台が当たりだろうと判断できるような展開でした。

そういった展開に安心して打ち込んでいったんですが、どうにもおかしい。

というのもその機種はたしか、比較的強めの奇数・偶数の判断要素があったと思うんですが(なんの機種だったか思い出せない…)、その要素を見る限りではどう見ても偶数なんですよ。

自分は設定5を期待して打っていたので困惑したんですが、ひょっとしたら今回は特別に設定6を使ってくれた可能性もあるんじゃ?といったプラス思考で打ち込んで行ったように思います。

しかし結果的には設定推測要素を総合的に見た場合には設定6と言うよりは設定4だろうといった結論に達したわけですが…。

丁度ジェットの対応をしてくれたのが店長だったので、いつもの調子で「今日は4でしたよね?」といった感じで聞いてみたんです(常連だったので答え合わせぐらいはさせてもらえていました)。

そしたら店長は「いや、もう一つ上(設定5)ですよ?」といった返答をしたんです。

しかし自分としてはどう考えても偶数だと判断していたので、その旨を伝えると「ホントですか?打ち間違えたかな…」といった反応をしていました。

後日この件に関して聞いてみると、本当に打ち間違えていたようでw

可能性としては設定4をあえて設定5と言った可能性も無くはないですが、この店長さんはパチスロの詳しい人なので、そんな見え見えな嘘をついたとも思えないですし、普段の流れから言えば明らかに違和感のある設定4だったので、恐らくは本当に間違えたのでしょう。

この件以来、設定狙いをする上でこちらの狙いを外されるというケースだけではなく、「設定の打ち間違え」というものも現実的に存在している事を認識するようになりました。

「設定狙いのノイズ=設定の打ち間違え」の可能性も

ある程度信頼度の高い狙い筋を把握できているような状況で、ふいに完全にスカってしまったような時、その理由として真っ先に思い浮かぶのは「狙い筋を外された?」という事だと思います。

基本的にはその可能性が高いと思いますが、しかし場合によっては店側が意図的に狙いを外させたわけではなく、意図しない形で高設定にするはずの台を低設定にしてしまっていた可能性もあります。

特に自分の狙い筋以外の台に当たりがあった場合はともかく、当たり台が見当たらないような状況であれば、設定の打ち間違えが発生した可能性は十分に現実的な話だと思います。

打ち間違えの可能性を考慮するなら、こういった突発的なスカに関して過敏に反応しすぎるのも考え物ですね。

狙い台の根拠を過信しすぎない意味での「設定の打ち間違え」認識

上級者になるほど、とにかく当日履歴よりも狙いの精度が重要だと考えるものですし、それ自体に反論はありません。

しかし自分の場合は、狙いの精度に対する信頼感は当然重要だとしても、当日履歴が流石に駄目だろこれは…と思えてしまうような状況であれば、相当強い狙い目だったとして諦めてやめてしまったりもします。

こういったケースに関して、如何に当日履歴(設定推測要素)がアテにならないか(序盤は明らかに低設定だったものが終わってみれば高設定らしい挙動となった)といった話が、狙い台の重要性を説明する上での教訓として持ち出される事が多々あります。

たしかに狙い台の精度こそ重要であり、当日履歴での設定判別は(特に少ないゲーム数では)アテにできないというのも頷けます。

とは言えやはり「絶対」はありませんし、何よりも悪い履歴の台を意地でも粘るという行動は、店や他の打ち手(高設定狙いをしている人)に対して「この台は強力な狙い目である」という事を宣言しているようなものです。

そういった意味でも、「設定推測要素が良くない狙い台を粘り倒す事が正解だとは必ずしも言えない」というのが個人的な見解です。

まぁ今現在の自分が高設定狙いで粘らない理由としては、「仮にこれが高設定だとしたら、あえて埋もれさせて設定を意識せず打つ人が掴んだりしたら、それはそれで面白いな」といった、個人的な趣味の要素の方が強いんですけどね。