スロット

【スロット初打ち感想】パチスロ『A-SLOTツインエンジェルブレイク(BREAK)』(中押しで一枚役取るの楽しい…など)

投稿日:2018年11月2日 更新日:

©Sammy

やっと打てましたよ…『A-SLOTツインエンジェルBREAK』を!

何しろ導入台数が少ないので、そもそも行動範囲のホールでも導入している店舗はわずか。

しかもそのホールが割と遠いもんだから、ついつい後回しにしてたら導入から数週間遅れでの初打ちとなりました。

短い実戦だったので、ふんわりした感想になりますが、良かったらお付き合い下さい。

『A-SLOTツインエンジェルBREAK(ブレイク)』初打ち感想

通常時

液晶に目をやれば、基本的には前作の『ツインエンジェルBREAK』の演出を流用しているので、前作を打っているのと然程変わらない感触で打つことが出来ました。

しかしそれだけではなく、今作から追加されたアニメーションステージなるものがあり、そのステージに関しては新鮮な心地で打てます。

対してリールはと言えば、前作と比較すると色々と変わっています。

 

シリーズ伝統の出目は抑えつつ、というか、前作と比較するとより「ツインエンジェルらしさ」を感じるリールになったと言えるかもしれません。

個人的には、ツイン2とツイン3で採用されていた中リールの『チェリー・赤7・チェリー』の出目を止めてみたくて堪りません。

更に気になるのは、オールスター目とでも言うべきでしょうか?青7・白7・赤7・バーで菱形を作るリーチ目を何とかして停止させてみたい!

ツインシリーズは何といってもリール的な部分に対するこだわりが強いパチスロですから、今作も当然抜かりはないようです。

中押しで一枚役を獲得できる

『ツインエンジェル2』では、通常時から逆押しを行う事で、一枚役をフォローしつつ打つことが出来ました(全役フォロー出来たわけではなく、一枚役の内数種類を獲得できた感じ)。

そうする事で機械割が上がり、ツイン2は設定1でもかなり甘い機種でありました。

しかしそれが『ツインエンジェル3』になる事で、通常時に一枚役を獲得するメリットがなくなり(一枚役を取りこぼす事で高確移行抽選を行うので、獲得してもしなくても機械割に影響がなくなった)、通常時の攻略感が薄れてしまいました。

しかしこの『A-SLOTツインエンジェルBREAK』では、久しぶりに一枚役を獲得する事で機械割を上げるという『攻略要素』が復活しているのは嬉しい所。

細かい手順は割愛しますが、中リール上段に白7を狙って青7まで滑って来たこの形が、恐らく一番ボーナスに絡みやすい出目だと思います。

こうなって

これで一枚役を獲得できました(左下に01と払い出しが表示されていますね)。

こうやって小さく積み重ねていくのが楽しいんですよ。

こういった技術介入性がツインシリーズに返って来てくれたのは本当に嬉しい!

追記

…と、初打ちの感想では思っていたんですが、小役確率を調べた所、本当にレアなレア役としてしか一枚役が成立しないので、一枚役を獲得して機械割アップというものでは無いですねコレは。

変則打ちはあくまでもボーナス判別を主たる動機として行うのが正しいスタンスで有る事を2回目の実践で理解しました。

ボーナス中

やっと引くことが出来た初ボーナスは異色ビッグ。

シリーズ伝統の青テン(左・中上段青7テンパイ二確)も健在です。

前作と同様に多くの楽曲から好きなものを選択できます。

ビッグ中は全ボーナス共通で一度だけ左リール上段に赤7をビタ押しする事で最大枚数を獲得できます。

ビタ押しが成功すると、このように中段に赤7が止まる形で停止します。

これを成功させた後は、左リール上中段に二連カバンをビタ押しすると、設定を示唆する一枚絵が出る可能性があるんだとか。

二連カバンを上中段にビタ押しすると、このように左リール中下段に二連カバンが停止します。

これを停止させた時の何割かで設定を示唆する画像が出るんですが

この画像は『高設定でやや出やすい』画像だそうです(スロマガ調べ)。

恐らくは低設定でも普通に出るけど高設定のほうが少し出やすい…という程度でしょうね。

いつか設定6を打って、リリカ&エリスの設定6確定画像を実機で拝みたいものですが。

CZ(ドキドキゾーン)

RTに突入するかどうかのチャンスゾーンでは、白7揃い(というかリプレイ)を成立させる事が出来るかというゲーム性となっています。

リプレイ成立でRTへ突入、ベル成立で通常時へ転落。

これまでのシリーズ機(2~ブレイク)では、押し順によってRT突入や転落を決めていたので、ある意味では新鮮というか、初代の逆バージョン(初代はベルが揃えばRT突入だった)という事になりますね。

白7が揃えばめでたくRTに突入します(CZ中のリプレイは基本的に全て狙えば白7揃いになると思われます)。

RT終了後もこのCZに突入するんですが、ループ率は50%との事。

なんというか良いですね…これぐらいのRT機が個人的には好きです。

RT(エンジェルタイム)

エンジェルタイムは突入時にモード選択をする事になります。

前作を打っていた方なら分かると思いますが、前作のビッグ中が今作のRT中演出となります。

消化中の感覚はまさに前作のビッグ中(メダルは大して増えませんが)という感じで、なんだか不思議な気分でした。

前作ではみるくるビッグばかり選んでいた自分ですが、今作では色々なモードをぐるぐるして遊ぼうと思っています。

感想総括

率直な感想としては正直、前作のツインエンジェルBREAKよりもツインエンジェルしてます。

元々がRT機というのもあって、今回のゲーム性は非常にツインエンジェル向きと言えるんじゃないでしょうか?

まだまだ打ち込めていないので深い話は出来ませんが、初打ちの感想としては、「この台の6が打ちたい!」と切実に思えるぐらいには楽しめました。

やはり何と言っても一枚役を取る意味が復活したのが嬉しい。

個人的には『ツインエンジェル=変則打ち』というぐらいの認識があったりするので、一枚役の獲得に意味をなくしたツインエンジェル3の仕様は正直不満でした。

開発者的には、ガッチリ一枚役を取る打ち手と、ゆるく打つ打ち手の差をなくしたかったようですが、それが結果としてパチスロとしての楽しさを削いでしまっていたのも事実ではあります。

一枚役の獲得&迅速なボーナス察知で、どの程度まで機械割を上げる事が出来るのかが気になる所です。

(追記:先述の通り、一枚役の出現率が低いので機械割への影響は然程なく、重要なのは迅速なボーナス察知の方です)

この台は完全攻略なら設定1でも機械割が100%を超えると言われていますが、ディスクアップのような甘さではなく、少々現実味のない完全攻略を出来れば…という程度のものだと思います。

しかし、それでも例えば、現実的に設定1で機械割99%を超える所まで持っていけるのであれば、非常に遊びやすい台だとは言えますので、詳細なシミュレート値をどこかが出してくれないかなと期待しています。

願わくば、この台が好評を博して増産される事を期待しつつ、稼働範囲のホールでチョコチョコ打って行こうと思います。

©Sammy

-スロット
-,

Copyright© ブレスロ.2dps , 2018 All Rights Reserved.