【収支】パチンコ・スロットで勝つのは簡単…ではない。【プラス・マイナス】

自分を含めて、ある程度パチンコ・スロットで勝つ流れを体感した事のある人間は得てして「パチンコやスロットで勝つのは簡単だ」といった趣旨の言動を行うものです。

これは主に現在マイナス収支の人に対して、「収支をプラスにすることは難しい事じゃないから頑張ろう!」というようなニュアンスを伝えたくて語られる事が多いかと思われます。

しかし、こういった趣旨の発言って、実は逆の効果も発揮しているのかも?という事を思ったりする今日この頃。

パチンコ・スロットで勝つのは簡単?

もし今、パチンコ・パチスロでマイナス収支が常態化している人にそう問われたなら自分は、「勝つ方法論を信じて実践し、結果が付いて来れば簡単」というような趣旨の返答をすると思います。

「勝つべくして勝つパチンコ・スロット」に慣れている人からしたら当然の事でも、これから明確に勝つことを意識して打ち始める人にとっては、そこそこ挫折ポイントも存在すると思うんですよ。

まず、勝つための理論を信じる事ができるか

例えばパチンコなら、ボーダーラインを超える回転数が見込める台を打っていれば長い目で見て勝てると言えますし、スロットなら機会割が100%を超える状況で打つ事が出来れば長い目で見て勝てると言えます。

しかし、これらの知識を得たところで、その理屈を信じる事ができるのかという問題。

せめて頭で考えて納得できれば良いですが、納得できない場合、勝てる理論を信じて実践するというのは、言ってしまえば「○○○リーチが掛かった台は不調だから止める」というような話を信用して打つのと(勝てる理論に納得できない人にとっては)同じようなものだと思うんです。

自分を含めて、勝ち方を会得した人間がその理屈を信じる事ができる(できた)のは、結局の所は”結果が出たから”に他なりません。なので、その前提がない人が勝つための理論に対して懐疑的になってしまうのは致し方ない事だとも思います。

勝つための稼働を継続できるか

これに関しては言ってしまえば”運”

勝つための考え方・方法論を知っていざ実践、その結果しっかりとプラス収支を積み重ねる事ができれば「なるほどこれは勝てる」と納得できると思います。

しかしもし、実践した結果、収支がマイナス(あるいは期待したほどプラスにならなかった)場合、「あれ?ホントに大丈夫?」と疑心暗鬼になってしまうのは当然。

実際問題として、現在勝ち方を身に付けている人の中で、勝つための稼働を始めた最初期にボッコボコにされて、それでも折れずに打ち続けた結果として勝ち方を身に付けたという人は少数派な気がします。

自分自身も、勝つ理論を実践し始めた当初は、今考えて見ると結構なガバガバ感があったように思いますが、それでも一応はプラス収支には出来ていましたからね。

もしあの段階で大幅なマイナス収支を食らっていたとしたら、今頃はパチンコ・パチスロは縁遠い存在になっていた可能性は高いです。

パチンコ・スロットで勝つのは簡単だと思えるように

勝つための稼働に慣れ、ある程度の期間(例えば1年間)の収支で見れば「負ける気がしない」と思えるようになれば、とりあえずは一段落。

勝つための理論を実践して、結果が付いて来れば、比較的早くこの段階までは来れるんじゃないかと思います。

そこからどのようなベクトルに行くかはその人次第。

より多くの勝ちを目指して貪欲に行くのもよし、少々脇を緩めて納得の行く収支を目指すのもよし。

個人的には、まずは自分にとって限界だと思えるぐらいには貪欲に稼働して、そこから身の振り方を考えるのが良いんじゃないかと。

ガツガツ行くのが性に合ってると思えばそれでよし、ちょっと息苦しいなと感じれば、そこから緩めて行けば良いと思います。

簡単さを強調するのは必ずしも得策ではない

冒頭でも語ったように、勝ち方を教える側の人間は得てして「パチンコ・スロットで勝つのなんて簡単だよ」というニュアンスで、これから勝ち方を覚えようとしている人に対して語りがち。

しかし、その言い回しが逆に、譜に落ちない印象を植え付けてしまっているケースも存在するんじゃなかろうかと。

分かりやすく言えば、得体の知れない宗教の勧誘みたいな雰囲気が出るとでも言えば分かりやすいでしょうか。

「簡単だよー」とばかり強調していたら「そんなに簡単なら皆が勝ててしまうはずじゃ…」という疑問が強調されて、なんとなく”詐欺感”を感じて避けてしまう…なんて人も居るんじゃなかろうかと。

「パチンコ・スロットで勝つ事は難しい事だよ!」と言う必要はありませんが、「簡単」である事の前提条件として、それ相応の「我慢」は必要である事、さらにはパチンコ・スロットで収支的に負けている人は「なぜ負けているのか」という点を確りと説明してあげる事が重要なんじゃないかと、最近は強く感じます。

あと、あまりにも簡単さを強調していると、それなりにシンドイ目にあった時の心構えが出来ておらず、心がポッキリ折れやすいってのもあるかもしれませんね。簡単簡単言っても、やっぱりツライ局面は多少なりとも存在しますし。

今後は自分も、勝ち方を知りたい人へまず「あー全然簡単だよー」と言うよりも「我慢は必要だけど、そこまで難しくはないよー」と言うような切り口から話始めるようにして行こうと思います。