【南国物語】攻略誌サイトの『書き方』に潜むスルー回数狙いの罠?【ハイエナ】

nangokumonogatari

©OLYMPIA

先週ぐらいでしたか、各攻略誌のスマホサイトに南国物語の「スルー回数別 期待収支」なるものが掲載され始めたのは。

コレ自体は当然の流れですし、タイミングや掲載内容が某マガジンと某必勝本のサイトでバッチリリンクしてる辺りから見ても明らかにメーカーから提供された数値であるのも何時もの事です。

しかし、この数値が適応される状況に対する説明が???と感じるのは自分だけでしょうか?

南国物語 スルー回数別期待収支に思うところ。

ときめきゾーンスルー回数狙い?REG単発回数狙い?

某スロマガサイトでは「ときめきゾーンスルー回数(REG単発の連続回数)」
某必勝本サイトでは「REG単発回数」
というような表現をしておりますね。

自分が気になるのは、これらの表現が「REGが○連続してる台」というようなミスリードを誘っているように感じる点です。

両サイトに掲載されているスルー回数別期待値はあくまでも「ときめきゾーンをスルーした(ボーナス当選しなかった)回数別の期待収支」であって、「REGの連続回数別の期待収支」ではないハズ。

要するに、ときめきゾーンでREGが当たってるケースを「REGの連続中」と誤認させるような表現なんじゃないかと思ったんですよ。

「REGの単発=ときめきゾーンでの当選が無い」という認識が事前にあれば良いですが、「REG単発回数狙い」と書いてあると、あたかもBIGを引いてない台を狙うようなニュアンスに感じませんか?

そもそも、「ときめきゾーンスルー回数狙い」を「REG単発回数狙い」と読み替える意味がわかりません。
初当りがすべてREGな訳じゃないので、これじゃ途中で初当りのBIGを挟んでのときめきゾーンスルー中の台を見逃してしまいますよね?
ひょっとして途中でBIGを引いたら、ときめきゾーンをスルーしても状態移行に何らかのペナルティがあるんでしょうか?

それならそれで説明不足にも程があるだろうと。

等価の数値だけを掲載

メーカー発表であることが明白な数値ですけど、どちらのサイトも等価交換を想定した場合の数値しか掲載してません。

その上でどちらのサイトも「5スルーしてたら迷わず打て」というような煽り方をしてるんですが、5スルーで100Gの期待収支って「1317円」なんですが…。

これも等価交換の環境ならまだ良いですよ?でもこれ換金ギャップのある状況で…打ちますか?

現在全国的に非等価の流れにあると思いますが、これまで等価の時代が長かった地域ほど、お客さんが換金ギャップの重要性を解ってないケースが多いと思います。

実際自分の地域もしばらく前に非等価になって、パチ・スロを嗜む知り合いに「絶対貯玉・再プレイをしたほうがいいよ」と教えた際も反応は鈍く、いまだに会員カードを作らずに打ってる人も多いです。

そんな状況で「ギャップへの認識が甘い&でも天井狙いでウマウマしたい」という人の中には、雑誌の煽りを受けて5スルー100Gとかの台を現金で打ち出したりしてるんじゃないかと思うと。。。

建前でもいいからユーザーの見方というポジションを・・・

ユーザーに罠を仕掛ける攻略誌とか、それ自体が罠ですわ(ヽ´ω`)

もちろん今回の記事で書いた事は個人的な見解ですので、攻略誌やメーカー側にそのような意図があったと断定はできません。

しかし、だとしても迂闊な表現じゃなかろうか?と感じたので記事にしてみました。

今回の件に限らず、この手の「悪意」をちょいちょい感じる機会がありますので・・・ね。
にほんブログ村 スロットブログへ
スロットブログランキング参加中