【KPE】マジハロ5が楽しすぎるので危険【マジカルハロウィン5の魅力】

ブログはサボりっぱなしでしたが、スロットやパチンコはボチボチ打ってました。

と言うか、マジハロ5が楽しすぎるワケですよ。
このレベルで打ち気が先走りそうなのって、それこそマジハロ2以来かもしれません。

さすがに何の理由付けも出来ない台をテキトーにツッパ…はしていませんが、他機種なら余裕でスルーしてるであろう根拠やゲーム数の台でも、なんやかんやと理由を取り繕っては打っちゃってたりもします。
幸い?設置台数が少ないせいで空き台が少なく、結果的に打たない(打てない)事が多いので、今の所は健康的なお付き合いが出来てるかなぁと言った感じでしょうか。

折角なので、マジハロ5の気に入った所なんかを書いていこうかなと思います。

マジカルハロウィン5の魅力

悪カボチャンスの妙

DSC_0064

マジハロ5マジハロ2をベースとしつつ、様々な新要素が追加された形でリリースされた、言うなれば「マジハロシリーズの集大成」的な機種です。

そんな新要素の一つである「悪カボチャンス
初めてこの要素の内容を知った時は、出玉設計的に蛇足となってなきゃいいけどなぁなんて事を思ったように思います。

で、実際にどうだったかと言えば、非常に良い塩梅。
甘すぎず辛すぎず、意味はあるけどハイライトではない。
いや、ハイライトになる可能性はあるけど凡打に終わっても納得できると言うべきでしょうか。

このようなバランスの特化ゾーンは、個人的に好印象だったりします。

例えばサラリーマン番長の青頂。
赤よりは勿論青の方が良いけども、赤と青の性能に決定的な落差は無く、青頂を獲得できないと勝負にならないなんて事は全く無い。
でも、青なら青なりの美味しい部分も、そこはかとなく用意されている。
こんなバランスが大好物です。

もちろん、思わず強打になってしまうような力の入る特化ゾーンも好きですよ?
ただ、強力な特化ゾーンの宿命として、その分のシワ寄せがどこかに来る事は避けられないワケでして。
そこにパラメーター振りまくった台も良いですが、マジカルハロウィンという台にそのバランスを自分は求めて居なかったので、悪カボチャンスの性能は非常に良い具合です。
言い換えれば、そう簡単には事故らないって事ですが。

DSC_0106
何気に100G

事実、PVなんかで見られる悪ープ(ぱっと見で分かるヤツ)は悪カボチャンスを50セットほど消化して1度だけです(さすがにヒキ弱なんじゃなかろうかと)。
でもその分そこそこセット継続はしますから、カボチャンスの良いアクセントになってるなぁと関心させられます。

しっかりと存在感を示しながらも幅を利かせていない、ホント良い味出してますよ。
一度エクストラミッションでループアンドループの嵐になってみたいものです。

足りないのは設定状況と設定判別要素だ

といった感じで現状大のお気に入りであるマジハロ5ですが、如何せん台数の少なさも合って設定状況がお察しな状況なのが残念な所ですね。
初代マジハロやマジハロ2並みの設置台数があれば、なんやかんやと理由を付けてもっと打てているんでしょうが、現状の台数だと理由をこねくり回すのも一苦労な状況です。

さらには初代を除く(Rがどうだったかは忘れた)マジハロシリーズの定番、というかKPEのお約束になりつつある設定判別をさせる気の無さは本機でも健在であり、台数は少ない&設定判別しにくい&設定6の機械割も大したことない…という、これがマジハロ5じゃなかったらそもそも設定狙いで打つことはないんじゃないかというような仕様ですからね。

ある意味、中途半端に台数だけもう少し多いと、狙いに行くだけ行って積もれず負債を抱える、正にマジハロ2の時みたいな状況になっていたかも知れないので、これはこれで良かったのかも?なんて事も思わないでもないんですけど。

とりあえず、普通に設定6が期待できるような環境がもう少し欲しい所ですよホントに。

あーマジハロ5の設定6が打ちたい。


©KPE