パチンコ

「CRミリオンゴッド ディセント」のハイエナで客層よりも一番重要な事【パチンコ潜伏確変狙い】

投稿日:2018年5月27日 更新日:

© UNIVERSAL ENTERTAINMENT

もう少しで導入から一か月ぐらいになりますかね?「CRミリオンゴッド ディセント」

導入前から一貫してハイエナ機として注目されていた(いる)台ですが、実際は中々拾えないんじゃないでしょうか。

自分もとりあえず島は覗くものの、これまで明確に潜伏だろうなという台を拾ったのは3回だけですね。

そんなディセントと付き合って行く上で、最も重要なのは…というお話。

ミリオンゴッドディセントのハイエナで何より重要な事

最近では潜伏確変判別法が、セグや演出において色々と判明しており、知識のある打ち手が前任者だと、高確率で罠だったりします。

そんな状況から、この台のハイエナをする上で、とにかく客層の把握(潜伏台を止めてくれる人が多い状況か否か)が重要だと考える人も多い事でしょうし、実際それは重要でしょう。

しかし、それにもまして重要な点があります。

それは…回転率

この台は潜伏確変狙い…とは言え、どんなに外観して良さそうに見える台で有ったとしても、空台を見て「この台は確実に潜伏確変状態だ!」と言える状況が存在しません。

前任者が打ってる段階でセグや演出で確認してでもいない限り、常に通常状態である可能性が付きまとうんです。

なので、この台は他の潜伏確変狙い(潜伏状態を確定させることが出来るようなもの)と比べて、リスクヘッジが非常に重要となって来ます。

つまり、最悪通常状態を回していたとしてもダメージが少ない(あるいはボーダーを超える)台であることを強く意識する必要があると言う事です。

攻略誌のサイトなんかで、ものすごく回らない台だったとしても潜伏状態ならこんなに期待値がある!といった数値が公表されてたりしますが、繰り返すようにこの台は「空台をどれだけ観察しようが潜伏確定という状況は成立しない」ので、常に「ひょっとしたら通常状態かも?」という可能性と背中合わせの状態ですから、潜伏なら…という数値のみで打てるか否かの判断は出来ません。

幸いこの台に関しては、持ち玉ボーダーぐらいは回ってくれる店を複数知っているので、自分はこれからも、「潜伏の可能性がそこそこありそうな台を、持ち玉ボーダー以上回る事を保険に打つ」という打ち方で、ディセントさんと付き合って行きたいと思っておりますよ。

導入から一か月が経過した頃、全然拾えなくて島チェックを怠る人が増えだした頃に、ちょっとだけ期待している今日この頃なのでした。

-パチンコ
-,

Copyright© ブレスロ.2dps , 2018 All Rights Reserved.