加熱式タバコと電子タバコの違い、ホール内で吸っても良いのはどっち?

VAPE

2020年4月から健康増進法の施行に伴い、パチンコ屋の中ですら原則禁煙化が義務付けられるというのは別の記事で説明した通りです。

関連記事

パチンコホールと言えば、という問いに対して帰って来る応えは様々でしょうが、その中でも結構な割合で名前が挙がりそうなのが『タバコ』だと思うんです。 パチンコとタバコというのは非常に縁深いもので、切っても切れない関係にあるように思[…]

タバコ

こればっかりはどうしようもないので対応して行くしかないんですが、この記事中でも触れたように少々ややこしい問題が発生する事になるんです。

それは、加熱式タバコは規制対象で有る一方、電子タバコは規制の対象外であるという問題です。

そこで今回はこの二つの違いについて説明して行こうかと思います。

加熱式タバコとは?

加熱式タバコとは名前の通り、タバコ葉を燃焼させず加熱する事で発生させた水蒸気を吸うタイプのタバコです。

紙巻タバコのように火を付けるわけではないので煙がモクモクといった状態にはならず、副流煙の問題を大幅に軽減できるものとなっています。

利用者自身にとってもそのメリットは大きく、一言で言えば「タールを避けつつニコチンを摂取できる」ものと言えます。

加熱式タバコのシェアは先行したアイコスが頭一つ抜けている状況ではありますが、グローやプルームテックにもそれぞれに特徴があり、それぞれにファンが付いている状況のようです。

電子タバコとは?

電子タバコは「タバコ」と銘打ってはいるもののタバコ葉を使ってはいません

加熱式タバコがタバコ葉を燃焼させず加熱させる事で発生させた水蒸気を吸うものだったのに対して、電子タバコの場合は様々なフレーバーのリキッドを水蒸気化させることで香りを楽しむものです。

日本で販売されている電子タバコは基本的にニコチンを含んでおらず、ニコチンの健康被害と言った点に注目するのであれば電子タバコの方が加熱式タバコよりもよりクリーンな商品だと言えるでしょう。

電子タバコは「VAPE」(ベイプ)と呼ばれる事も多いようですね。

電子タバコは加熱式タバコと比較して種類が多く、リキッドの交換スタイル別にカートリッジ式・リキッド式・使い捨て式があり、それとは別に本体の形状別ではスティック型・ペン型・ボックス型といった分類もあったりで、加熱式タバコ以上にどれを選んで良いのか良く分からなくなりそうです。

リキッドの種類も「タバコ感」に縛られる必要がない事で様々なものが存在しており、タバコ系の他にはフルーツ系やメンソール系などなど多岐に渡るフレーバーが楽しめるようです。

電子タバコはセーフ、加熱式タバコはアウト

2020年4月から通常のタバコ(紙巻タバコ)が喫煙所以外では吸えなくなるというのは分かりやすいんですが、問題となるのは電子タバコと加熱式タバコの扱いの違いについてでしょう。

詳しくは以前投稿した下記の記事をお読み頂ければと思いますが、結論から言えば電子タバコは今回の規制対象外なのでパチンコ・パチスロを打ちながらでも吸えます

関連記事

パチンコホールと言えば、という問いに対して帰って来る応えは様々でしょうが、その中でも結構な割合で名前が挙がりそうなのが『タバコ』だと思うんです。 パチンコとタバコというのは非常に縁深いもので、切っても切れない関係にあるように思[…]

タバコ

加熱式タバコは店側が加熱式タバコを吸えるパチンコ・パチスロコーナーを用意すれば喫煙可能となりますが、それを用意していない店では喫煙室でしか吸う事が出来なくなってしまいます。

この加熱式タバココーナーというものは、20スロと5スロのような簡単な島分割だけでは設置できず、壁を設置するなどの明確な区分けが義務付けられているので、気楽に用意できるものでは無いのが悩ましい所なんですよね。

自分の周りを見渡す限りにおいては、当面は「全面禁煙+喫煙室」のスタイルで運用するホールがほとんどのようです。

今後の稼働推移を見て、禁煙化の影響で稼働の落ち込みがヒドイと判断したようなホールは設備を整えて加熱式タバココーナーを設置するような事になって行くのかも知れません(稼働の推移次第ですが)。

加熱式タバコの行方はいかに

個人的には別記事でも扱ったように、加熱式タバコに関しては暗黙の了解的に黙認される可能性もあるのではないかと思っています。

関連記事

新型コロナウイルス問題でそれどころじゃないといった感じの今日この頃ですが、実はパチンコ業界的には歴史的な変革が目前にまで迫って来ています。 そう、ホール内の原則禁煙化が2020年の4月から施行される問題です。 これは間違[…]

煙草

何よりもやはり「電子タバコはOKで加熱式タバコはNG」というのが外観すると分かりにくいというのが問題だと思うんですよね。

お客さんがこれを周知して、かつ確りと店員さんも注意するのが当たり前となれば加熱式タバコは通常の遊戯コーナー(加熱式タバココーナー以外)では喫煙室でしか吸えないという事が徹底されるかも知れません。

ただ普通に考えて、一見加熱式タバコと大差のない電子タバコを吸っている人がいる状況で、加熱式タバコユーザーの自制が効くものなのか?というのがまず疑問ですし、さらには店員さんとしてはわざわざそういったユーザーを注意し続けることが大きな負担となるように思えてなりません。

吸っている本人にとってのニコチンの健康被害云々を別にすれば、紙巻タバコのような吸い殻や灰の問題がない事を考えれば、店側からすれば電子タバコも加熱式タバコも変わりはないともいえるわけですからね。

今回の原則禁煙化が結果的には「紙巻タバコの排除」が達成されることで良しとされる可能性は十分にあると思われます。

これを機に電子タバコへ切り替えるのもアリでは?

といった訳で個人的には2020年4月以降のホール内で加熱式タバコがどういった扱いを受けるのか非常に興味深く見ている訳ですが、それはそれとして今現在紙巻タバコを吸っている人はもちろん、加熱式タバコユーザーの方もこれを機に電子タバコを試してみるというのも良い選択なのではないでしょうか?

日本で販売されている電子タバコのリキッドに関してはニコチンを含んでいないようなので、もしその味を楽しむ事が出来れば結果的にニコチン中毒から抜け出す良い機会にもなるでしょう。

電子タバコには色々とユニークなフレーバーが存在しているので、これまでのタバコとはまた違った形の楽しみ方もできるのではないでしょうか。

加熱式タバコが黙認されるか否かを考える必要すらないぐらい、電子タバコが加熱式タバコを凌駕するシェアを獲得出来ればそれはそれで健康面を考えれば良い事なのかも知れませんね。