パチンコ・スロット、勝つのが大好き。

ブレスロ.2dps

スロット

【スロット初打ち感想】パチスロ『十字架4』(キャラデザが大好き…など)

投稿日:2018年6月20日 更新日:

(C) 2018 NET CORPORATION.

前作の十字架3は、結構面白い台だとは思いつつ、打つ機会に恵まれませんでしたが、今作の十字架4も同じ末路を辿りそうな気しかしません(導入台数的に)。

ならばせめて新台として扱われている内に打っておかなければっ!と思って、珍しく導入初日に打ってみたりしました(夜からですが)。

十字架4 初打ち感想

キャラクターデザイン

キャラクターが非常に好み。

主人公のレイナ(CV:喜多村英梨)はもちろん、メイドやヴァンパイア3姉妹も良い感じ、あとシリーズ伝統の執事もちゃんと居ますのでご安心を(?)。

キャラデザの魅力だけなら、現行機種で一番好きかも?ってぐらいお気に入り。

通常時

ただただ退屈。

基本的にチェリーさえ狙っておけばOKな配列であるのが、通常時の暇さ加減に拍車をかけています。

とは言え、十字架揃いをコンスタントに引けていればまぁ、こんなものかな?という感じでもあるんですが、十字架揃いすら引けずに500Gなんてハマった日にゃ、視線の先には筐体ではなくスマホの液晶があるわけで。

ボーナス

ビッグボーナスに設定差があるので、赤7揃いが引けるだけでテンションが上がる…ってのは設定判別を主眼に置いた視点での話ですが。

十字架揃いはボーナスとは言いつつ小役があまり揃わないので、完全にCZといった認識で居た方が良いかと。

ARTへの基本ルートは十字架揃いから…なので、これが引けないと本当に何も起こらないのでシンドイです。

ART「クリムゾンロード」

まず最初に初期ゲーム数を獲得するところから始まるタイプ。多分そのゲームでレア役なんかを引くと沢山ゲーム数が貰えるんでしょう。

基本は50Gだと思われます。

ART中にはゲーム数上乗せをかけたバトルがあり、勝利すると初期ゲーム数を決めたような感じで上乗せゲーム数を決定、そして上乗せ。

初期ゲーム数の時と同様にここでレア役なんかを引くと、大きく乗ったりするようです。

そして何と言っても重要なのがART中の十字架揃い。ART中に十字架揃いを引いて、そこで頑張って初めてスタートラインに立てる…そんな台なんじゃないかと。

演出的には結構爽快感があって好き…なんですが、純増1.2枚で実際に出玉が増えるボーナスは設定6でも1/360なので、やっぱり中々増えません。設定6はともかく、設定1だとその点でもキツイ台ですね。

十字架4 感想まとめ

自分は投資12kでARTを一通り楽しんだ結果700枚ほど獲得して終了。

あくまでもプラスで終われたから…というのが大きいと思いますが、ARTは結構好きです。

3桁ゲーム数の上乗せも現実的にあって、液晶演出の見せ方も割と良い感じ。

ただ、通常時に落ちた瞬間の絶望感といったら…ARTの楽しさを以てして通常時の辛さを我慢できるかどうか…ちょっと難しいかな?と思っちゃいます。

キャラデザや世界観は好きなので、その部分+ART中は楽しかった=設定6を狙える状況で他に優先したい狙いがなければ狙って見ても良い…自分にとってはそんな位置付けの台ですね、今の所は。

(C) 2018 NET CORPORATION.

-スロット
-,

Copyright© ブレスロ.2dps , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.