【初打ち】秘宝伝~伝説への道~に少しだけ触れてきた。【新台】

hhdn-d
©大都技研

今年の12月は例年になく話題機種が少ないパチ・スロ業界。
そんな中で一定の注目を集めているのは、スロットだとこの台ぐらいでしょうね。

秘宝伝~伝説への道~を初打ち

例によってハマリ台狙いではありますが初実戦。
チャンス目後380Gほどの台が空いていたので、ささっと着席&打ち始め。

今作の秘宝伝はチャンス目がボーナスとなっており、ボーナス間500GハマりでART「秘宝RUSH」に当選します。
ボナ後380Gの台を打ち始めるという事で願う事は一つ「チャンス目(ボナ)来んな^^」です。

こーゆー場面ではボナを引く気しかしないものですが・・・・・・無事天井到達^-^
天井間際のヒリヒリ感、そーいえば最近あまり味わってなかったなーとしみじみ。

そんな事を思いながら到達した天井からのART「秘宝RUSH」。
今作の秘宝RUSHもやはり重要なのはチャンス目。
特に今作では出玉増加の肝としての意味合いも強いので、シリーズの中でも最もチャンス目依存度が高い機種と言えるかもしれません。チャンス目が引けないとゲーム数の獲得云々以前にメダルが増えませんからね・・・そう

DSC_0315

こんな感じに(‘A`)

いやー増えない増えない^^
純増をチャンス目と言う小さなボーナスの連打に頼った台で、その小さなボーナスすら引けなきゃこーなりますわな。

ART終了後は見るからにチャンスっぽいステージへ移行

DSC_0316

このステージと火山っぽいステージはとりあえず回したほうが良いのかな?
この後に火山ステージへ移行した後、もう一つ下のステージへ移行したところでクレジットを落としました。

雑すぎる雑感

この実戦だけじゃなにも分からないので、楽しかった部分についてだけ。

リアルボーナス系の天井間際の感覚って、たまに味わう分には良いですねw
昔はそんな感覚だらけでしたけど、擬似ボーナスが主流になってからは、どこか緊張感に欠けるというか、間違ってレア役で直撃しても前兆あるし?ってな部分から、「一気に刺される恐怖感」は無くなって居ましたよねぇ。

自分は基本的に無限系のゲーム性は好みじゃないので、それがメインになってしまうのは困ります。
ただ、そんな台もたまには有って欲しいなぁ・・・なんて事も思ったりして。
度々言ってますが、ホント、色んな機種が有って欲しいのですよ、、、スロもパチもね。