「ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐」撤去目前、打ち収めで気を付けるべき点など

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

ついに5号機の「神」に別れを告げる時期が訪れました。

まだ先だと思っていたら、もう11月に入っちゃいましたからね。

そんな訳で急いで記事を書いてるんですが、今日は祝日という事で、腰を据えて凱旋を堪能できる数少ない機会の一つとしてホールへ気合を入れて乗り込んでいる人も多いんじゃないでしょうか?

もうすでに撤去されてしまった地域もひょっとしたらあるのかも知れませんが、そういった場合は隣の県に行けばまだ打てる可能性も十分にあります。

自分も早いとこお別れ実戦的なものをしようかと思っているんですが、そう気楽に組み合える相手でもないのでね…。

今回は撤去時期のおさらいと、お別れ実戦をする上での注意点を挙げて行こうと思います。

「ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐」撤去時期

関連記事

[caption id="attachment_4412" align="aligncenter" width="640"] (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT[/caption] 2019年は生き残っている高純増A[…]

現状5号機の中の高射幸性機種と呼ばれる一撃性の高い機種に関しては、認定期限というものが終了した時点でホールから撤去しなければいけないというルールになっています。

このあたりの話は以下の記事をお読み頂ければ幸いです。

関連記事

パチンコやパチスロにおいて新機種をホールに導入する上で必ず通る流れがあります。 それはざっくり説明すると、『保通協での型式試験』→『都道府県別の公安委員会での検定』→『ホール設置時の警察検査』です。 『ホール設置時の警察[…]

チェック

各都道府県によって検定通過日が異なるので、設置しておける期日にも地域差が生じるんですが、「ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐」はどの地域でも概ね11月中に撤去されるものと思われます。

例えば東京都に関しては2020年11月16日が設置期限日となっています。

実際には変わりの機種との入れ替えなんかを考慮した場合、直近の入替日で撤去されるようなケースも多いと思います。

東京都のケースだと11月16日が月曜日ですから、このタイミングで新機種に入替られるとすると実質打てるのは11月15日の日曜日までという事になるのかも知れません。

細かい期日については地域ごとに違いますし、また店舗の方針によっても異なるので、自分が通っている店の凱旋がいつまで打てるのかを店員さんに聞いてみると良いと思いますよ。

現在の稼働状況

撤去間際という事で稼働が上がっているのは間違いないと思うんですが、実際にはどの程度まで上がっているのかを見てみましょう。

という事で毎度おなじみのサイトセブンデータです。

  • 過去30日平均:3031
  • 累計平均:2518

これが記事作成時点(11/3)でのデータですが、たしかに累計平均よりも上回ってはいますが、思ったほど上昇していませんね。

ちなみの同じタイミングでの過去30日平均データとして、別の比較的稼働の高い多台数設置機種を挙げて見ると…

  • 沖ドキ-30:2290
  • バジリスク絆2:2111
  • 番長3:2205
  • アイムジャグラーEX-AE:2772
  • GOGOジャグラー:2935
  • マイジャグラー4:3941

マイジャグラーはバケモノですね…同じジャグラーシリーズの中でも頭一つ、いや二つぐらい抜けた人気を維持しています。

自分もマイジャグラー4や3を良く打ちますが、やはり他のジャグラーと比較しても圧倒的に人気がありますし、実際にそこそこ扱いも良いのでありがたい存在です。

マイジャグラーは別格として、他の機種との比較で言えば確かに凱旋の稼働は高い部類に入る事が分かります。

ただ自分の記憶が確かなら、「バジリスク絆」の撤去直前時はこんなレベルではない超稼働を誇っていましたから、それに比べると随分と大人しい状況のようにも思えます。

やはり機種の仕様からして、気楽には打てないあたりが大きく影響しているんでしょうね。

お別れ実戦の是非

以前こんな記事を書いたことがあります。

関連記事

先週からパチスロまどマギの最新作『SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』(以下、まどマギ叛逆)の導入が開始されましたね。 そして来月には初代『SLOT魔法少女まどか☆マギカ』が全国的に撤去されて行きます。 […]

別れ

自分は基本的に、設定不問のお別れ実戦というものには否定的です。

撤去間際の機種は設定状況が厳しくなりがちなのは間違いありませんから、無暗に打っているとボコボコに負ける可能性が十二分にあります。

個人的にはお別れ実戦こそ、本気で勝ちに行くような心意気で挑みたい所です。

その結果として、高設定を掴めても掴めなくても、勝っても負けても良いというのが自分のスタンスです(あくまでも相当思い入れのある機種ならですが)。

ただもし、その機種やホールに対する感謝と労いを込めて、あえてお金を置いて行くつもりで打つというのなら、それはそれでアリだとは思いますけどね。

自分もそのうち、良くジャグラーを打たせてもらっている(そして勝たせてもらっている)ホールからマイジャグラー4が撤去される時には、そんな実戦をするのも悪くないかな…と、少しだけ思っていたりもします。

撤去間際の設定状況は?

一般的に撤去間際の機種は設定状況が厳しくなりやすいんですが、逆に撤去日に高設定を使ってくれるようなホールも中にはあります。

例えば「バジリスク絆」や「初代まどマギ」に関して言えば、撤去最終日にガッチリと高設定を使って見送ってくれたホールも少なからずあったようです。

ただこれが凱旋にも同様に当てはまるかと言えば、それは少々難しい所があるかも知れません。

そもそも凱旋の場合、元々高設定を期待して打つタイプの台ではないというのがありますし、さらには凱旋の次に続く機種というものが現状では見えてきていません。

「バジリスク絆」であれば「バジリスク絆2」、「初代まどマギ」であれば「まどマギ2」や「6号機まどマギ」といった機種があるので、ホールとしても最終日に頑張る理由がありますが、凱旋の後継機が「はーです」とは行かないでしょうし…。

そういった意味でも絆や初代まどかで頑張ってくれたホールであっても、凱旋の場合はかなり「普通に見送る」ような状況になりやすいのではないでしょうか?

もちろんこれまで長い間、稼働はもちろんですが何と言っても利益貢献度の高さ(コイン持ちが悪いので現金投資の多さもホール側にとっては非常に有難いポイント)は際立っていたと思いますから、そこに対する感謝の意味で高設定を使ってくれる可能性は有りますけどね。

少しでもマシな状況で打って、適切なタイミングで止めましょう

撤去間際だからこそ、最後に本腰を入れて設定状況が良好な可能性のある環境を真剣に探して見るのも良いでしょう。

さらには出来るだけ天井に近い台を意識的に狙う事を徹底したい所です。

天井に近いと言っても、700G以降の台なんて中々空いていないでしょうから、例えば50Gの台よりも200Gの台、200Gの台よりも300Gの台といったような感じで、少しでもマシな方をという意味です。

そして何よりも、ヤメ時には注意したい所です。

普段だとGG後に天国が無い事を確認した後も何となく持ちメダルを打ち込んでしまうという人も少なくないんじゃないかと思いますが(特に単発だと飲ませてヤメる人も結構いるんじゃないでしょうか)、そこはぐっと我慢して、適切なタイミング(天国抜けでヤメ)を強く意識したい所です。

それこそ凱旋を打つだけなら、実機を購入して家で打つという事だって出来ないワケではありません。

しかし「ホールで打つ」事は出来なくなってしまうわけですから、であるなら「ホールで打つからこその楽しみ」を思いっきり堪能しつくしましょう。

少しでもマシな状況、環境を選択して適切なヤメ時を徹底する・・・そんな中で奇跡的なヒキが炸裂する事を祈りたいものです。

自分も撤去までの短い期間で、なんとか(無理やり気味でも)打ち収めをしたいと思っていますが、最後にまさかまさかの展開で万枚達成!なんて事が…まぁ無いでしょうが…そんなことを妄想しながら神と対峙したいと思います。