認定切れ(検定切れ)パチスロ5号機の1年間延命が決定【新型コロナ禍スロットみなし機撤去延期】

コロナウイルス

新型コロナウイルスの影響で経営的に苦しい状態に追い込まれたホールも多い中、ホール側にとってもユーザー側にとっても喜ばしいと思う人が多いであろうニュースが入って来ました。

なんと、今後続々と認定切れによって撤去される予定であった5号機の延命措置が取られる事が決定したとの事です。

5号機みなし機の延命措置が決定

警察庁は5月14日、国家公安委員会規則の一部を改正し、原則的に最大2021年1月末までとしていたパチンコ、パチスロ旧規則機における認定、検定の有効期限について1年間の延長を認めた。旧規則機の撤去期限が後ろ倒しとなったことで、ホール企業に今年、重くのしかかっていた機械入替の負担が一部、軽減されることとなる。

設置期限の延長が認められる遊技機は、改正規則の施行日以降に認定、検定が切れる旧規則機が対象。規則の改正を受け、業界団体側は今後、期限内に遊技機の計画的な入替を推進するための具体的な施策を決める予定だ。

https://web-greenbelt.jp/post-38216/

規則改正施行日以降にみなし機となる予定だった機種に関して、認定・検定期限を+1年間とする事が決定したとの事です。

この施行日がいつなのか(5/14を施行日と見て良いのか)は定かではないものの、これはホール側のみならずユーザー側にとっても朗報と言って良い決定でしょう。

追記:施行日は5月20日でした。

丁度一か月ほど前に、みなし機の延命について希望的観測込みで色々と語りましたが…

関連記事

4月16日に新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言の範囲が日本全国に拡大されました。 これによって日本全国のパチンコホールが何らかの営業自粛措置を迫られる可能性が出て来た事になります。 さらには5月に予定されていた6号機アイムジ[…]

コロナウイルス

パチスロに関して、できれば認定期限の残っている5号機すべてを延命して欲しいと思っていたものの、妥当な線としてノーマルタイプ限定といった措置が取られるんじゃ?とも思いましたが、結果的にはより広い範囲で5号機の延命が公安委員会規則的には認められる事になったのは喜ばしい事ですね。

ただ現状、公安委員会規則の一部が改正されて認定・検定期限の延長が可能となったというだけであり、業界団体の自主規制によって「高射幸性機種は撤去するべし」といった話になる可能性は否定できないという点には注意が必要です。

そもそも、公安委員会規則の改正という事情を考えると、機種の性質や出玉性能によって区別する事をそこに織り込む事自体が現実的ではないような気もするので、大枠としては認定・検定期限の残っている5号機すべての延命を許可した上で、業界団体の自主規制によって細部を調整するというのが既定路線なのでしょうね。

ほぼ確実に延命が決定したパチスロ最重要機種

先述のように業界団体の自主規制次第では高射幸性機種に関しては扱いが流動的な現状ですが、ほぼ確実に1年間の期限延長の恩恵を受けられるであろう機種として「ノーマル機」が挙げられます(流石にAT機は良くてノーマル機は駄目とはならないでしょう)。

言い換えれば、「ジャグラーシリーズの延命がほぼ確実となった」ということです。

数多くある撤去予定5号機の中でもホールにとって台数的にも存在感的にも大きな懸念となっていた5号機ジャグラーの撤去が、それぞれの機種において1年間は延期されたのは、ジャグラー依存度の高いホールに関しては相当に大きな変化でしょう。

ノーマル以外の5号機も延命されるのであれば…

ノーマル機のみならずAT機も延命されるのであれば、AT機を筆頭とした5号機を設置機種にしろ倉庫にしろ多く抱えているホールにとっては今後1年+αを優位に戦える状況が出来上がりそうですね。

とくに認定切れ間近だった「沖ドキ!」を延命できるかどうかは、依存度の高いホールにとっては死活問題とすら言えるでしょう。

認定・検定期限の切れていない5号機すべてが延命の対象となるのであれば、2020年内に撤去予定であった機種の中でもホールやユーザーにとって延命のメリットの大きいであろう(設置台数が多い、人気が高い)機種は以下のようなものがあります。

  • 沖ドキ!
  • ニューアイムジャグラーEX‐KT
  • 押忍!サラリーマン番長
  • ニューキングハナハナ-30
  • パチスロ黄門ちゃま 喝
  • ニューパルサーデラックス
  • ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐
  • ハナビBH
  • ゴーゴージャグラー
  • ゴーゴージャグラー2(この台は検定切れの延命)
  • 戦国コレクション2
  • プレミアムビンゴ

これ以外にも、来年の1月中に認定・検定期限が切れる台、そして何よりも前倒し認定を行った数多くの5号機が認定期限から+1年間は使用できるという事になります。

ただこれはあくまでも、機種のタイプや出玉性能などの区別なくすべての認定・検定期限内5号機が延命対象となる場合の話ですが。

業界団体の自主規制次第でその範囲は大きく変わってきますので、現状では何とも言い難い部分があります。

そういった点に関して細かなルールについては今後発表されるようですから、ユーザー側としては広い範囲での延命措置適応に期待した所ですね。

「高射幸性機種は除外」というのがありそうな落し所

今後業界団体が決定する入替計画の概要ですが、個人的には「高射幸性機種に関しては1年間の延命措置から除外」といったような所が妥当な落し所ではないかと思っています。

ただそうすると、「沖ドキ!」などのように認定切れが目の前に迫っている機種の扱い方をどうするのかという問題もありますから、高射幸性機種に関しても一定の経過期間は設けられるんじゃないかとも思っています(例えば、高射幸性機種は認定・検定切れから+3か月の延命など)。

ノーマル機のみ許可というのは出玉性能的には妥当な落し所だとは思いますが、それをやるとなるとまた違った問題が発生しそうな気もします。

というのも、「ノーマル機はOK」としてしまうと、あの機種は良いのにコレは駄目なの?といった問題が少なからず発生するようにも思うからです。

本当のノーマル機(ジャグラーシリーズやハナハナシリーズなどの付加機能のない台)だけを許可するのであれば良いでしょうが、そうなると「ハナビ」はRT機能があるために除外されてしまいます。

かといってハナビをノーマルに含めてしまうと、A+ART機の中でほぼA+RTのような台も!といった思惑が出て来るでしょうし、A+RT機だけど出玉性能結構エグイよ?という台はどうなんだという話もあるかも知れません(そういったタイプが現存しているかは直ぐに思い浮かびませんが…)。

そう考えると影響力の強い5号機AT機を除外しつつ既に色分けされている基準を使って扱えるという点で「高射幸性機種は除外(経過措置はあり)」とするのが一番しっくりくるように思います。

ただそうなると、高射幸性機種のラインナップに入っていない「プレミアムビンゴ」の価値がさらに高まりそうですけども(たしかダイコクSISのデータで2万枚以上出たデータが無かったからリストアップされなかったんだったと思いますが)。

そういった諸々の面倒さを考えると、もう認定・検定期間の残っている5号機は全部+1年延命!としてしまった方が色んな人にとって楽なのは間違いないですね。

追記:具体的な入替方針が発表されました

期待したほどの広範囲な恩恵はありませんでした。

関連記事

先日記事にしたように、認定・検定期限が残っている5号機に関して1年間の延命が出来る事になりました。 しかしそれはあくまでも「国家公安委員会規則的には可能となった」だけであり、業界団体が策定する入替方針次第で延命できる機種が限定[…]

コロナウイルス