パチンコ屋の中でマスクは付けない方が良い可能性すらある【ホールでのコロナウイルス対策】

マスク

まだまだ収まる気配を見せない新型コロナウイルス問題。

それでも日々ホールへ通っている人も多いと思います。

ホールに限らず、出勤や登校を余技なくされる生活をしている多くの人間にとっては、予防すると言っても色々と限界がありますよね。

そんな中でやはり「マスク」を付けるというのが実用的な面だけではなく、精神衛生上でも重要な役割を果たしていると言えます。

しかしそんなマスクですが、コロナウイルスの感染予防といった観点から見ると、むしろ付けない方が良いのでは?と思えて来ました。

マスクの予防効果は極めて低い

別の記事でマスクによる感染予防効果が極めて低い事に触れました。

新型コロナウイルスに対するマスクの効果は有る?ない?パチンコ屋での予防策【有効or無効】

この記事ではマスクの着用は予防目的よりも、自分が拡散元にならないために活用するべきであるという事を述べました。

それ以外にも、N95マスクと呼ばれる密閉性の高い種類のマスクであれば多少は効果が期待できるのでは?とも話しましたね。

この認識は今でも変わっていません。

どうしても感染したくない!という状況ってあると思うんです。

そういった場合に少しでも感染する可能性を下げるためにN95マスクを着用するのは良く分かりますし、着用せずに感染してしまったとしたら後悔しそうです。

というわけでN95マスクを緊急時に活用するのは悪くない選択だとは思うんですが、問題なのはそうではない通常タイプのマスクの着用に関する是非です。

マスクを着用する事で生じるリスク

マスクを日ごろから使って居る人なら分かると思いますが、マスクって中々ジャストフィット状態を維持できませんよね。

特にマスクをしたまま喋ったりすると簡単にズレます。

そうするとどうしますか?手で直しますよね。・・・ここが大問題です。

マスクを治す為に手を顔まで持ってくる事は、仮に手にウイルスが付着してしまっていたとしたら、無暗にウイルス感染のリスクを上昇させる行為と言えます。

これがもしリスクの多くが飛沫感染(クシャミなどで放出されたウイルスを吸い込む感染)が主なリスクである環境であれば、通常のマスクでもしないよりはマシとは言えるんでしょうが、パチンコ屋のように接触感染(ウイルスが付着したものに触れて、結果的にそのウイルスを吸い込む感染)のリスクがそこそこ高めな環境だと、通常のマスクでもしないよりはマシとは必ずしも言えません。

実際自分もマスクを付けながら打っていて、ついついクセでマスクを治すために手を顔まで持って行って…ってこれウイルスが手に付着してたら完全に感染するヤツだ!と気づきました。

対策としては、マスクを気安く直さない事でしょうか。こういってはなんですが、通常のマスクなんてどうせ隙間だらけなので、多少鼻あたりのフィット感を高めた所で大差ありませんからね。

店員さんがマスクをするのは良いと思う

自分の地域でも感染者が発生した事で、これまではマスクを付けていなかった店の店員さんも揃ってマスクを着用していました。

正直言って、その予防効果は極めて限定的だとは思います。

しかし打ち手としては、何もしてないよりは多少安心感を得られるだろうとは思いますし、店員さんの場合は仮にウイルス感染していた場合の拡散防止という観点からもマスクを着用するメリットはそれなりにあると思います。

むしろ何もしていなかった場合に集団感染が起こったとすれば、管理不十分として非難される可能性も無くはないので、現在の新型コロナウイルス騒動が一段落するまではどのホールもスタッフにマスク着用を義務付けておいた方が良いんじゃないかと思います。

とにかく手洗いの徹底と、無暗に手を顔に近づけない事

飛沫感染はどうしようもない所がありますが、接触感染の場合だと基本的に接触した部分に付着したウイルスを体の中に取り込みさえしなければ発症しないワケです。

という事はとにかく、外出先で色々なものにベタベタと触れた場合、事ある毎に手洗をする事が一番の予防策となります。

最悪ウイルスに触れたとして体の中に取り込まない事が重要ですから。

さらには以前の記事でも語ったように、仮にウイルスを取り込んでしまったとしても体の免疫能力で発症しないようにする事、最後の砦はココになります。

現実問題として新型コロナウイルスを取り込まないようにする対策には限界があるので、もう感染してしまったら仕方ない、感染しても体がウイルスに負けないような体調管理を徹底する事が何よりも大切な事です。

とは言え年配の方や重病持ちの方は症状が重くなりやすいので、可能であれば極力外出は控えた方が良いでしょうけどね。

自分はこれといった疾患もないので、感染したらしたで何とかなるだろう!というぐらいに構えています。

病は気からと言いますが、人間の体は本当に脳のイメージによって体調も免疫力を大きく変わって来る事が分かっているので、出来る対策は取りつつ最終的には神経質になり過ぎない(ストレスを溜めない)ように普通に過ごす事が一番でしょう。