新型コロナウイルスに対するマスクの効果は有る?ない?パチンコ屋での予防策【有効or無効】

マスク

中国で発生した後に世界中へ飛び火している新型コロナウイルス、日本でも感染者が続出していますね。

正直もうそこかしこに新型コロナウイルスは存在しているのだろうと思うので、かかってしまったら仕方ない…というぐらいの心構えはするべき段階かと思います。

しかし出来る事なら感染したくはない!という事で、巷ではマスクを買い求める人が続出した結果、どこにいってもマスクがない…なんて状況が発生していたりもするようです。

しかし、そもそもマスクをしたらコロナウイルスの感染を防ぐことが出来るんでしょうか?

新型コロナウイルス「2019-nCoV」

今世界中に拡散していっている新型コロナウイルスの名前は…まだありません。

どうやら命名されるのは後の話のようで、現在はWHO(世界保健機関)が暫定的に決めた「2019-nCoV」という名称が使われているようです。

ちなみにこのウイルスの事をわざわざ”新型”コロナウイルスと呼んでいる事からもわかるように、コロナウイルスというもの自体は既に存在しているものでした。

それこそ一般的に言われる「風邪」の原因のうち10~15%程度は既存のコロナウイルスによるものです。

なのでコロナウイルス自体が極めて危険なウイルスというワケではないんですが、稀にヤバイ変種が現れるんですよね。

それが、2002年に中国で発生した「SARS」や、2012年にサウジアラビアで発生した「MERS」です。

「SARS」や「MERS」は感染した人の致死率が高く(SARSが10%、MERSは35%程度)、本当に危険なウイルスでしたが、それに比べると今問題となっている「2019-nCoV」は致死率が2%以下といった状況であり、しかも重症化したケースは高齢者や疾患持ちの人が大半という事で、若い人がかかる分にはそこまで危険なウイルスではない…というのが現時点で伝わってきている情報です。

感染経路は?

今の所このウイルスは「飛沫感染」と「接触感染」のいずれかで感染するとされています。

飛沫感染とは、クシャミなどで飛び散ったウイルスを吸い込む事で感染する事です。

接触感染とは、ウイルスが付いたモノに触れた手を介して口などからウイルスを吸い込んで感染する事です。

つまるところは「空気感染」(クシャミなどによるウイルスの飛び散りではなく、自然と空気を介して感染する事)はしないとの事です。

ただしエアロゾル感染(ザックリ言えばスプレーで発生させた霧のようなものを介した感染)は有り得るとの事ですが、これはさほど気にしなくて良いでしょう。

パチンコ屋の中は危険?

どうやら和歌山県にあるホールが、来店客の中にコロナウイルス感染と認定された人がいたことで数日の間、消毒などのために休業を余儀なくされたようです。

パチンコにしろパチスロにしろ、他人が触った台に触れるのが当たり前なので、感染リスクはそこそこあります。

ただそれはパチンコ店に限った話ではなく、様々な不特定多数が利用する施設全般に言えることですから、ことさらパチンコ店が危険という事はないでしょう。

とは言え、飛沫感染はともかく接触感染に関しては比較的リスクが高めな場所ではあるかも知れないので、台を打ち始める前にパチンコならハンドルや下皿、パチスロならレバーやボタン周りをおしぼりで拭いてから打ち始めるというのは悪くない予防策なんじゃないでしょうか。

マスクの効果は?

マスク

結論から言えば、未感染者が予防目的に使うマスクはほぼ無意味です。

なぜなら一般的に使われているようなマスクの場合、どうやっても口と鼻の周りに隙間が出来てしまうからです。

さらに言えば、ウイルスは目からも侵入するので、仮に口と鼻周りを完全密封できるマスクを使ったとしても、さらにゴーグルまで付けなければいけません。

かなり密閉性の高いマスクとして「N95規格」のマスクがあります。

こういった密閉性の高いマスク&ゴーグル着用であれば多少は効果があるかも知れませんが、これにしても相当に密閉性に気を使わなければいけませんから、あまり実用的な策ではないでしょう。

ただもし身近なところでウイルスの流行を察知して、尚且つどうしても感染したくない(そりゃ感染は誰しもしたくはないでしょうが…)という場合には、精神衛生的な面も含めて使って見ても良いかも知れませんね。

一方で、感染者が拡散防止のために付けるマスクはそれなりに意味があります

これに関してもやはり通常のマスクでは隙間ができてしまう問題から完璧に防げるわけではないものの、それこそN95マスクを感染者がキッチリと付けてさえいれば、他人にウイルスをばら撒くリスクは軽減できるでしょう。

というわけでマスクに関しては、「ちょっとでもウイルス感染が怪しいと感じたら他人へうつさないために使う」のが妥当な使い方だと言えます。

ちなみにマスクに関する詳しい話はこの本が参考になります。

追記:マスクを付ける事でかえって感染リスクが高まる可能性があります。

パチンコ屋の中でマスクは付けない方が良い可能性すらある【ホールでのコロナウイルス対策】

大げさに恐れる必要はない(ただし年寄りと病気持ちは除く)

今回の新型コロナウイルス、先ほども説明したように致死率は過去の危険なコロナウイルスたちに比べれば低めなので、そこまで大げさにおびえる必要はありません。

特に若くて健康な人なら普通の風邪程度の症状で終わってしまうが多いようですから、実は知らず知らずのうちに…なんて人もすでに沢山いるんだと思いますよ。

ただ注意点として、高齢者や重めの病気を持っているような人は注意が必要なので、そういった人は可能な限り人が密集するような場所へはしばらくの間近寄らないようにするべきでしょう。

パチンコ屋に関しては、リスクはそこそこあるものの、あくまでも一般的なレジャー施設と同程度と言えるので、パチンコ屋に行けないとなると大概のレジャー・公共施設には行けなくなってしまうだろうと思われますので、そこまで神経質になる必要はないでしょう。

予防策としては、とにかく手を洗う事(アルコール消毒も効果はあるようですが、とにかく手を水で洗えばウイルスが付着していても洗い流せるので手洗いが大事)。

ホールであれば、台を打ち出す時に触れる部分を拭いてから打ち出す。

そして一番大切なのは、仮にウイルスを取り込んでしまったとしてもウイルスに負けないように体調管理をしっかりして免疫力を付けておくことです。

ウイルスを吸い込んでしまったらもうおしまいではなく、そこからは自分の体とウイルスの戦いなんです。

もちろんSARSやMERSクラスの相手になるとそうとも言ってられないのかも知れませんが、今回の新型コロナウイルスぐらいであれば、自分の免疫力で何とかなるレベルだと思われます。

というわけで、「しっかり栄養を取ってガッチリ寝る」これが一番の新型コロナウイルス対策と言えるでしょう。

追記:コロナウイルスに感染するリスクが低い(かもしれない)ホールの特徴を考えて見ました。

コロナウイルスに感染しづらいパチンコ屋や状況を考えてみる【ホールでの感染予防策?】