【A-SLOT】結局は伝承で逆押しが一番だなって…【北斗の拳 将】

今作の将はあまり打ててない自分。

前作の頃は、設定を狙える環境が身近にあったのもあって、結構打っていたように思います。

A-SLOT 北斗の拳将 をチラッとだけ

昨日、若干期待できるホールでのお話。

台番末尾系の事をしたりしなかったりなホールにて、今日もし末尾系をやっているならこの番号かな?という末尾に合致する台のなかで、当日の履歴もよさげな空き台は…と探して見つけたのが「A-SLOT 北斗の拳将

と言っても、この台はデータランプのボーナス確率であーだこーだと言う台ではないので、あくまでも気分の問題ですけど。

打ち始め、とりあえずノーマルモードで打つことに。

※この台は通常時の演出モード(ステージ)を選択することができまして、例えばジャギステージならほぼレア役の時にしか演出が発生しない等々、ステージごとに特徴が設けられています。

で、20Gほどで伝承モードへ。

やっぱり自分にはコレが合ってるんですよね。

ご存知ない方の為に説明しますと、伝承モードを選択した場合、レバーオンでケンシロウが構えを作らなければ全力フリー打ちでOKです。
逆に、構えた場合は何かしら(リプレイやベルも含む)が成立しているので一応小役狙いで消化する・・・というのを延々と繰り返すモードです。
レバーでケンシロウが踊り続けてた時点でもう何もないのが(恐らく)確定するという、人によってはかなり苦手なゲーム性かもしれません。

でも実際問題、ベルやリプレイでも構えるので、結構な頻度で小役狙いをすることになります。
なので意外とダレずに打てます。
そしてその構えには強弱がありまして、弱構えは基本ベル・リプなんですが、ここからレア役なんてサプライズも有ったりするので、案外気が抜けません。

よりチャンスを明確にしたければ「ジャギモード」を選択するのがオススメ。レア役の時以外は延々とケンシロウの徘徊模様を見せ付けられるだけ・・・さらにバトルへ発展しようものならその時点でボーナス確定という極めてシンプルな演出となっています。

自分はジャギモードだとさすがにダレてしまって。
伝承モードぐらいの塩梅が丁度良いなって。あとジャギモードはたまにレバーではなにも起こらずに、ボタン停止で演出が発生したりするので、油断してるとスイカをこぼしたりもするので。

伝承でしばらくぽけーっと打ってると・・・

にかくっ!

この演出(百裂拳)は恐らくレア役以上確定のはず。
そして自分は専ら逆押し中下段にバーを狙う打ち方をしているので、右リール下段にバーが停止した時点で種無しレア役なら弱チェリーが確定。
それ以外の役であれば、ボーナスが確定する状況で中リールでスイカテンパイ!

弱チェリーならバーが中段に止まるはずです。
という訳でこの時点でボーナス確定なんですが、ひょっとしたら百裂拳が強レア役以上確定演出の可能性もありますね。
だとしたら右リールの時点で一確だったって事になりますが…どーなんでしょ?

さーてスイカ重複かなーと左リールも止めてみたところ

あぁリーチ目役ですか?単独の可能性もあるのかな?

結局はリーチ目役でした。後にしっかりと紫オーラ&ランプで確認。

リーチ目役はビッグ確定でして、この時はたしか青ビッグでした。

青ビッグなら右リール中下段にバーを狙った時点で青7が滑ってきそうなものですが、リーチ目役の一つは役構成が「スイカ赤7バー」というものでして、ボーナスより小役を優先する制御ゆえに青7よりもバーを優先して停止させるんですよ。
逆押しバー狙いをしていると、そんなサプライズもあったりするんですよね。

1時間や2時間ぐらい打つ分にはかなり楽しいと思える機種なので、また打つ機会があれば良いなと。

あ、ちなみにこの台は当たりじゃないと判断してヤメました。

投資 16k
回収 5.5k
収支 -10.5k