スロット新台『あの花』や『まどマギ叛逆』がリゼロの人気を再加速させる可能性

まどマギ叛逆トップ

現状は完全に『Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、リゼロ)一強としか言いようがない6号機スロット情勢ですが、これから続々と話題作が登場することで状況が変化するのでは?と思っている人も多いんじゃないでしょうか。

しかし自分はむしろ、新たに登場する話題機種のデキ次第ではリゼロの勢いを再加速する事になる可能性もあるんじゃないかと思っているんですよね。

今回はその辺の事を語って行きたいと思います。

今後の話題機種(スロット)

記事作成時点でこれから導入が予定されている話題機種は以下のような面子となっています。

  • パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。【サミー】
  • SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語【メーシー】
  • スーパービンゴギャラクシー【ベルコ】

さすがにビンゴを上二つと同列に並べるのはどうかと思いますが、過去シリーズでしっかりとした実績を作って来たシリーズ(前2作は除く)なので、割とホール側の期待度は高いようです。

これらの機種が今後の話題作としてホールをにぎわす事を期待されているんですが、果たしてそう上手く行くかというのが問題。

話題の新機種に対する不安

ATの純増枚数がリゼロとは雲泥の差

先に挙げた機種達は全てAT機なんですが、純増枚数は以下の通り。

  • パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。:1.5枚(メインパート中)or3.1枚(メインパート以外)
  • SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語:3.0枚
  • スーパービンゴギャラクシー:4.6枚

ビンゴが比較的早い仕様となっていますが、他の二機種は6号機ATとしては少々おとなしめな部類の純増枚数となっています。

特に『パチスロあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』はメインパート中の純増が1.5枚という事で、AT機としては非常にマイルドな出玉スピードとなっている点は気になります。

現在6号機を打ち込んでいるスロッターは純増8枚のATにドップり浸っていますから、低純増ATが人気を博すというのは相当難易度の高いミッションではないかと。

現状6号機で成功を収めていると言えるのは大都ぐらい

それぞれのメーカーに目を移してみると、「サミー」「メーシー(ユニバーサル系列)」「ベルコ」と、スロットメーカーとしては早々たる面子です(ベルコは…)。

過去のパチスロにおいて実績を作って来ているメーカー達で有る事は間違いありませんが、現状6号機においていまだヒット作と呼べるものを輩出出来ていないメーカー達で有る事もまた確かな事です。

というか現状、6号機において成功したと言える台と言えば、『HEY!鏡』と『リゼロ』あとはせいぜい『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒Special』(三洋)ぐらいのものでしょうか?

セイヤは相当甘めに見た場合なら入るかな?というぐらいのものですから、実質大都の一強状態ですからね。

そう考えて見ると、比較的話題性のある版権だろうが5号機ヒット機種の続編だろうが、あまり期待できないような気もしてくるというものです。

なんだかんだまだ高射幸性5号機が残っている現実

今後の事を考えると6号機を定着させていきたいとホール側は思っているでしょうが、そうは言っても何だかんだとまだ残っている高射幸性機種達の存在が有難いような邪魔なようなという心境でしょう。

年内に相当数の機種が撤去される事は決定していますが

関連記事

[caption id="attachment_3893" align="aligncenter" width="595"] (C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO, (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT[/ca[…]

例えば『ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐』のように来年まで残っている機種も存在します。

関連記事

[caption id="attachment_4412" align="aligncenter" width="640"] (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT[/caption] 2019年は生き残っている高純増A[…]

そんな高射幸性5号機に対して、『リゼロ』は純増8枚ATという5号機以降においては異次元の速さを武器に6号機として孤軍奮闘の活躍を見せている現状なんですが、今後の話題機種達に同じような事が出来るのか?という点には疑問符を付けざるを得ません。

『結局はリゼロ』現象の予感

スロットにおいて、出玉スピードの速さは絶対的な正義とも言えます。

有利区間2400枚という上限があるにしても、それが純増8枚のスピード(約300G)で吐き出されるというのは圧倒的な個性であり、細かなゲーム性云々をねじ伏せるだけのパワーがあります。

さらに言えば、リゼロを相当打ち込んでいる身から言わせていただくのなら、リゼロは高設定狙いで打っている分にはAT中以外も十分に楽しめるという点は強調したい所です。

それでいて天井狙いで打っている時に関しては有利区間完走2400枚という「程よい夢」を見られるんですから、打てば打つほどトータルバランスに優れた台だと感じます。

通常時のゲーム性に関して賛否両論(というか全面否定か総合的に見て許容するかというスタンスの違い)ありますが、前兆の発生ゲームなどによるモード判別などを意識して打てば、そこまでどうしようもなく苦痛なわけでもないですよ?(楽しいとまでは言いませんが)

今後登場する話題機種がめでたくホールで人気を博する事を自分は願っていますし、自分自身が楽しめるものであって欲しいとも思っています。

しかし、一通り経験した後に「結局有利区間あるのは同じだし、別に勝ちやすいわけじゃないし、だったらリゼロでいいや」と言う声が聞こえて来そうな気が今からしているのも事実です。

願わくば自分の予感が外れて、それぞれの機種が定番機種として定着して欲しい所ですが、どうなることやら…。

ちなみに個人的な期待度では、「ビンゴ>まどマギ>あの花」といった感じ。

地味に長期稼働しそうな『ビンゴ』、ユニバ復活の狼煙となって欲しい『まどマギ』、『あの花』は現状分かっている仕様を見ても現在のサミーがヒット機種を輩出できる気がしないという点でも厳しいんじゃないかと予想しています。

まぁ何だかんだと言って、全部楽しみにしてるんですけどね。


©Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion [Music]Licensed by Aniplex Inc. Licensed by SACRA MUSIC, ©UNIVERSAL ENTERTAINMENT