【ホールの常識】2月は辛い?パチンコ・スロット屋にとっての二月とは【パチ・スロ】

もう2月か…ついこの前年を越したばっかりなのに…という事を毎年思ってますね多分。

2月を思い浮かべて何が思い浮かぶかは人それぞれでしょうが、歴然とした事実が存在しますよね?それは…。

2月のパチンコホール営業

2月といえば…節分?バレンタインデー?いやいや、日付が少ない月でしょ!

2月は基本的に28日間しかありませんよね(閏年を除く)。

少ない月の中でも更に少ない、特徴的な月だと言えます。

でも、それが何かホール営業に関係あるの?と思う人も多い事でしょう。

それが…結構あるんですよ。

28日しかないから

ホールは基本的に多くの日数営業したほうが、より多くの利益を得る事ができます。

どんな優良ホールであろうと、基本的には赤前提の営業などはほとんどしないものですから。

結果的に赤字になる日はあっても、最初から赤字を前提として釘調整や設定調整を行う事はほぼ皆無。

なので、営業日が多いほど儲かるんです…もうお分かりですかね?

そう、2月は営業日が少ないから儲からないんです。

もっと言えば、営業日が少ないから儲からない…んだけど、他の月と同じ利益を得たいと思ったら、他の月より辛くせざるを得ないんです。

たかが2、3日…とは言え、その2、3日分の利益が丸々なくなる訳なので、結構痛いんですよ。

そして、ある意味最も重要なのは、そういった認識をホール店長一般が共有しているという点。

つまり、2月はちょっと抑え目でいくか…という認識が普通、という認識があるんですよ。

なので、他の月に比べると、思い切った事をしずらい空気があるようにも思います。

ただ、今年の2月はパチンコに目立った新台は無く、スロットもエヴァ孫2がやや注目されているものの、それほど大型の入れ替えがあるようには思いません。

新台を買わない分の予算を出玉に充ててくれたら…とは思うものの、恐らく特に2月前半は比較的抑え目な感じで来るんじゃないかと、そんな事を思ってたりします。

勿論これは一般論的にこーゆー認識があるよ。という話なので、逆を行く人や気にしてない人も居る事でしょう。

パチンコ屋における2月と言えば…という認識として、頭の片隅に置いといて貰えればと思います。